So-net無料ブログ作成

はじけちゃおう ラムネに浸かって 泡になろう

お花に生命力をいただいたわたしは 少し元気になりました
そして
高血圧にいいとされる長年の夢だった 母がもうひとつ行きたかった場所
長湯温泉へと 向かいました

19.jpg17.jpg

とうちゃくしたころはもう2時になっており
周辺でお店を探し 定食屋さんにはいり 家族みんなは だご汁 を頼み
わたしは おでんの大根をひとつ 注文 でも結局 だご汁の スープをほんの少しだけ食べることができました

そして ラムネ温泉に入浴
ここの施設は不思議な空間で 入浴していながら そとの露天(ラムネの湯)とつながっているのですが
壁がしろく 丸みをおびたフォームをしていて 降る太陽の光がなんとも神々しく裸体の人間を映し出します

妊婦さんがお風呂からでて お水をごくりと飲む姿 純粋無垢な赤ちゃんが 母を見上げて何かを求める
その顔に 光が照らされ まるで フランスの美術館でみた 彫刻をみているような気がしました

人間って こんなに 美しいんだ 光があたらないと 気づかないんだな
という写真はアップできませんが 機会があれば またいきた ラムネ温泉でありました

裸がこの世で一番贅沢な衣装なんだよ そういっていった 裸族のじじぃの言葉がよみがえる
だからといって 夏に ウチワ一枚で隠して まっぱだかで 寝るのはやめてほしいと思うのであります

そして めちゃめちゃ甘く美味しい 水がある 長湯から少し山にはいったところにある水の駅へ
DSCN2186.JPG
水の味にはうるさい わたくしですが いままで飲んだ水の中で五感に響く味 この水は本当に美味しかった
後悔していることといえば あのときなんで 二リットくらい飲んで 体の水と全部交換したかった
そしたら お肌もみずみずしくなったかもぉーなんて 悔いを残しております

15.jpg
毎分だったかな?5tの水が湧き出ているそうです

しかし、ハードスケジュールだな やっぱり

そして 湯布院へ向かうのであります

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

コスモスが わたしを待って 咲いていた [釣り 温泉 旅 散歩]

そんな 情けない病人を連れて くじゅうの山々を見渡す山頂へ
正直 この辺り 黒川からくじゅうへの道のりは 記憶があまりない 

胃液の色がえらいオレンジで 綺麗だなぁーなんて 余裕がないのに
もう えらい 余裕で意識もうつろ うつろ

そして 母が一番行きたいと切望していた くじゅうの花公園へ到着

母 さぁーどうするかな?
じじぃ 中にはいらんでもいいやん じゅうぶんここから 見えるやん
僕は 花みたいとは 思わんから ここでみるだけでいいわ お母さんひとりでいっといで

でた でました 娘を気遣う 言葉合戦 いかん いかん このままじゃいあいかん
わたしは 奮い立つ言葉を探しぬきます
 
あぁ お母さん お父さん ここで 中に入ってくれなかったら わたしまたお金かせいで
みんなをここまで連れてこなあかん だから 今入ってきてほしい

母 ため息交じりで どうする? まむしは車でねとくんか?
まむし しばらく 体の体調をうかがう 少し沈黙があり ふと 後ろを振り向くと
真っ赤な花が風に揺れているのが みえた
その瞬間 あいたい あの子にあいたい あのゆれる 花に会いたい 無性に感情がわき
わたしも行く!! っといっていました

んで ふらふらしながら 中に入場 ゆっくり ゆっくり 辺りを見渡し コスモスがたくさん咲いている
丘へ てくてく とぼとぼ 歩いていきました ゆっくり ゆっくり ピンクのコスモスに向かってあるき
そして ゆっくり やさしく 視線を落とし 一番 弱くやさしく咲いている 花を求め 目をやりました

会いたかったんだよ だから ずっと咲いていたんだよ
昨日から ずっと 咲いていたんだよ
あの 台風の強い風にも負けず 朝の命を奪いそうな寒さにも負けず
あなたに 会うためだけに 咲いていたんだよと 語りかけられて
涙がでてきて 胸が震えました
2009.10.九州 020.JPG2009.10.九州 023.JPG

一輪の花をみて こんなに感動するなんて 思ってもいない瞬間をわたしは
死んでも 忘れないだろうと 思いました

台風18号のさった痕で なぎたおされているコスモスもありましたが
みんな 倒れながらも 太陽にむかって 顔をあげていました

2009.10.九州 026.JPG
さっきまでの体調がうそのように 癒され 一時間が永遠のような 花の世界に
心を溶かして いました
DSCN2166.JPG
あなたの日常の一瞬にも 美しい幸せな瞬間が永遠に続きますように

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

黒川に 逢いに行くのは お預けね [釣り 温泉 旅 散歩]

こ っこんなところで 食あたりになるなんて あまりのショックに言葉もでない
大丈夫だよ 大丈夫 ちょっと吐いただけ 気持ちの悪い 作り笑顔をみんなに振りまく
アホまむしであります

悪寒と嘔吐にもだえながら なにがなんでも 予定を続行しないと
そんな使命感だけで 息をする アホマムシなので ありました

そして じじぃが 一番いきたいと切望していた
黒川温泉に到着
さーどうしよっか じじぃ 

お父さん お願いだから お風呂入ってきてください!
母 もういいんちゃうかぁー 町並みみただけで

両親が私を気遣ってくれる 憎らしいまでの その言葉たちが余計に闘志を燃やすのであります
いやぁー じじぃ 母ちゃん お願いだから 温泉はいってきて!!
と いいながら ぜーぜー いいながら 吐くわたし。。。 違うこれは 食あたりじゃない
持病の急性胃腸炎だ このつきあげるような 嘔吐はそれに違いない

そう 悶絶していると だんなが あっさりと 僕 温泉つかってきまぁーっすと
あっけらかんという あっそう 両親が 急に態度を変え
じゃぁー まむし 行ってくるわー と 車を降りてひとりぼっちになりました
P1000231.JPG

うん 行ってきて あなたたちがいないほうが ぐっすり寝れるから
そう めちゃくちゃ 意地をはって 体を沈めていました

すると 窓をコンっと たたくおとが
 
ダーリンが 頭をコッツって たたいて
こんなとこで 死ぬなよって いって さっていきました

うん 死なないですって つぶやいて 死ぬように眠りについたのです

そして ふと目が覚めたとき

じじぃが いいます いやぁー 今まで生きてきた中で一番の温泉だったなぁー
センスのいい宿に 接客も最高 露天風呂も綺麗だし
宿が大好きな竹をところどころに使っていて 本当に気持ちよかったぁーって
いいます
その 本音に 機嫌を悪くしたわたしは とうとう 旅の途中に 毒をはいてしまうのです

じじぃ その あんたの 声を聞いただけで気分がわるくなるから しゃべらんといて
そう にらみつけます
ひどい 娘だ じじぃの声聞いたら 吐くなんていうなんて
でも 本当にそうなんだもん ってことは 脳に響く 地獄から伸びてきて落とそうとするその
声はいったい なんなんだ?と いうことになってくるのですが

気になるものは しかたありません

じじぃの声を聞いて 気持ち悪いといって 吐く娘を 父はどんな思いで みていたのでしょうか?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

地獄行き 温泉つかって 悪おとす [釣り 温泉 旅 散歩]

阿蘇の火口までいき その後 地獄温泉へレッツゴーしました
途中 何度か道を尋ねると 丁寧に教えてくれて 皆様そろって 道が細いですが
お気をつけてとおっしゃってくれます

地獄温泉 この響きだけで おなかいっぱいになり いやぁー 行きたい様な
行くのが怖いような そんな 不気味な予感がありましたが
阿蘇山から 結構な曲がりくねった山道にはいり 無事到着したので あります。。。

湯治の隠れた名所のようで 本当に秘境な感じの温泉でした
露天風呂があり けっこうこじんまりとした 露天風呂なので 人が増えたら
でなきゃいかんなと あせったりで ありました お風呂につかっていると
お尻をもそもそあたるものが なんだと思ったら落ち葉がたくさん沈んでありました
これも愛嬌ですね 車を止める駐車場は お風呂だけ入る人は坂の下にあるので
お年寄りには結構きつい 坂をのぼったり くだったりです 
貴重品を入れるコインロッカーが外の自販機のそばにあり百円いれたら
もどってこないタイプなの しらなくて二度使用 

でも中には籠にどさって貴重品いれているひとがいて
すごい度胸だなぁーっと思ったり 旅の疲れて 身の危険を忘れてしまうのでしょうか
 
すずめの湯の混浴の泥温泉にとってもはいりたかったのですが 混浴のため 断念
大阪から ここまできて あきらめるのは ちょっと残念です 他のお客さんも
時間差で 入れるようにしてくれたらいいのにねっていってましたが
秘境ならではのルールがまたいいのでしょうか

そんなこんなで 阿蘇の懐に抱かれた温泉にはいることができ 本当に
ありがとうございますという いい感じの温泉でした

太陽が沈む前に 宿に到着したい その思惑は ぎりぎりセーフでした
DVC00181.JPG

そして 最初の宿に到着して 食事
宿のお風呂にはいったのですが シャワーのお湯がでず寒くて やばかった

で朝になった

朝になるまで 夜中何度も目が覚めた 死ぬほど 寒い
なぜだ 死ぬほど寒いのは なぜなんだ そんな自問自答しながら
朝になった

すると だんな様が カーテンをあけると あーーーって 叫んでいる!
どうしたの?まむし!! なんで 窓あけっぱなしやねん

ごめんなさい 

そして 朝食!
たべなくっちゃ と思い 食事しようとしたら 恐ろしい気持ち悪さが。。
おもいっきりトイレにレッツゴー
何度も何度も死ぬほどはいて わたしだけが なにやら 食あたり?
昨日食べた馬刺しがいけなかったのか?
とりあえず 旅は はじまったばかりなので ありました






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

触れない 恐い場所ほど 美しい [釣り 温泉 旅 散歩]

フェリーに乗って ちょっとだけ 思ったこと
船の中で車を駐車してから 大型のトラックの車間1メートルくらいもない隙間をあるいて
階段のドアまでいき 階段をあがって
船の受付場所へいくのですが その大型トラックの車間を歩くのがとても恐かった
そして船が到着するまえにまた 自分の車に乗り込むのですが
自分のとめた車の場所と 出口がわかりずらく 結局一番前からでて一番後ろまで
歩きに歩いた  きちんと車を止めずに動いて 死亡事故ありとポスターに書いてあったりで
やっぱり 恐い場所なんだなと 再認識 船が到着するまでに車がみつかるだろうか?
などと余計な心配ができてくるので これだけは なんとか ならないかなぁーっと
思ってしまった たとえば車のしたに 番号をふっておいてくれたら とっても探しやすいのになどと
思う
しかし フェリーが到着して 外にでる瞬間の空気は ものすごく美味しいのです

そして 夢とおじんとおかんと私たちを乗せた車は 阿蘇へと向かうのでありました
DSCN2116.JPGDSCN2119.JPG
DSCN2123.JPGDSCN2127.JPG
阿蘇山は思っていた以上に寒く そして
火口口には 子供のころにはなかったと記憶していますが エメラルドグリーン色した熱湯がたまっていました
綺麗
なんでこんなに 綺麗な色をしているんだろう
一番人間が近寄れない もっとも恐ろしい場所が たちくらみしそうなくらい神秘な色をしている
腹が立ってくるくらい 脱帽の自然の美
うん うん だから 旅って 面白しろいんですね

きれかった景色
DSCN2135.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

フェリーのり カモメと同じ 空を飛ぶ [釣り 温泉 旅 散歩]

フェリーの旅をするときの注意点ですが
外にでて景色をみたいという衝動にかられますが とにかく 海に落ちないように気をつけること
お酒のんで特に 外をうろつかないようにと じじぃによーく注意しておいた
真っ暗な海だし もう 海の温度も冷たいからねって 
外にでると非常に風がつよく これで風邪をひくひとが多いので 防寒具はよけめに 用意したほうがいいです
あと ゆれる振動があるもんだと 認識しておいたほうがいいです
わたしはこの振動でも平気で眠れますが。。

大浴場もあるので お風呂はばっちり入れます シャンプーもボディーソープも設置されています
五時からの船は 二便よりも 少し古い感じがする船でしたので ドライヤーは一個しか設置されていないので
風邪引かないように 注意が必要

食事はバイキング一品のみでしたので 前もってお弁当用意しました
一度食べてみたいバイキング 次の旅行の楽しみとしておきましょうか
あとお湯のサービスがあるのでカップラーメン持参して食べている人も多かったです

船の船長さんが一生懸命に安全に 橋の間や 釣り船など注意して船を運んでくれていると
創造しただけでも 感謝の旅になるから 本当に 船の旅って 大好きなのです
景色が次々に変化し 島で暮らす 家々に思いをはせながら 一生の短さを後悔したり
これからの生き方を模索してみたり そんな 心に休息をゆっくりと運んでくれるのが
フェリーの旅なのです 

で朝5時すぎ 門司港に到着
2009.10.九州 007.JPG
下関の唐戸市場へ行き 二階の食堂で ふぐ定食をいただきました
ふぐのから揚げ定食もおいしかったです

2009.10.九州 008.JPG

唐戸市場の海側にある散歩道とっても綺麗です
2009.10.九州 009.JPG
下関の海とじじぃ
2009.10.九州 010.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

生きている ただそれだけで すばらしい [釣り 温泉 旅 散歩]

旅してきました

今回のテーマは 大自然の中で 自分をとりもどす 旅です

旅を決めて 大急ぎで宿を予約し 交通手段を決めて お金をかき集めて これが一番大変
健康を管理し にゃんこのえさも 確保し 準備万全で むかいました

高速道路1000円を フルに使いたかったのですが なにぶん運転手じじぃも65才
寝て起きたら 九州についているという フェリーを 選択することにしました

いろいろ調べると なんともめちゃめちゃ安くなっていた 名門大洋フェリーを使うことにしました
なんせ大阪南港から九州門司まで 車一台 と大人 4人で 往復 38000円 なのです!!!
しかも 個室で テレビもポットも浴衣も歯ブラシセットもっついて あと食事券2000円も使える!
いろいろフェリーありますが 平均して 個室だと往復で7・8万円します こんなチャンス滅多にないので
予約することにしました 

田舎が四国だったもので 家族で四国に帰るときは きまって 雑魚寝の フロアが定番
はじめての個室で 大満足の旅でした

四国の島から 私が3歳のとき 夜中12時ころ 九州に向かう船の明かりを いつも眺めていた
そう じじぃが つぶやきます

そうか じじぃ 30年たって そのフェリーに のって 今度は 船から 島を慈しもうじゃないか

そう 娘は 言います

おとうちゃん 夢がまたひとつ かなったね

2009.10.九州 006.JPG
旅がはじまりました

DSCN2101.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

栗の子が 満月みたくて 顔をだす

二週間毎日抗生物質と二時間おきの痛み止め
飲み 死んだようにねて なんとか 生き返りました

家族が 本当に死んでしまうんじゃないかと 心配したほどの様子だったとかで
いまこの体調で 新型インフルエンザなんか かかったら 本当にいくなと よぎった 本気で

もうもっている運 全部つかいはたしたような気がする 
もっと謙虚に生きなくちゃ

結局 歯医者の先生は 普通なら二日抗生物質のめば きくんだけど
やっぱり アレかなぁ って 意味ありげな 言葉
アレって なんだよ アレって 病名ちゃんといってほしいんだけど

とにかく 脳にまで菌がいかないように そればかり 祈った

んで この痛みを だれにも家族にも生きているすべての人が 体験してほしくないって
本気で思った

だから がんで死にたくないって とっても思った
抗生物質飲みすぎで 体は重く意識もうろうとするなかで ある線をすぎると異様に眠くなった

母にそれを伝えると 事故などで意識が戻らない人は痛みからを精神を守るために 寝ているんだよってつぶやいた 妙に心にささって そうだ そうなんだ そうかもなって 


んな感じで復活したのを己の身でさとってから お金ないのに 見切り発車で旅にでることに
しました たくさん 自然を満喫して たくさん人にであって たくさん美味しい地の幸を食べて
そして 人生をより深く より強く 充実した 思い出で 彩りたいと思います

だって そう 秋だもの


じじぃが今日 縁側で すわっていた
せっせと ひとつづつ 手際よく ならべる 栗たち 
なんにも計算しないで 自然に並べる 松ぼっくりたち

自然に味がにじみでてました
2009.10.4 014.JPG





nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

痛み止め 恋人のよに 愛おしい 夢のなかまで 痛みよとまれ

残念なことに 痛みが爆発して この一週間 ほぼ毎日歯医者にいき
二時間おきに 痛み止め飲んでおります
夜中も 激痛に起こされ 二時 四時 六時と痛み止め飲んでおります 
痛み止めの せいか? 抗生物質のせいか? 頭脳の明晰不良におちいり ミスばかりしています
ミスって気がつくだけ まだ 大丈夫なんでしょうが、、、

食べれないし しんどいから二キロおちたぜ いえい 

病院は変えて 大正解でした 本当によかった
親身になってくれるお医者さんのおかげで きちんとしたお薬を処方してくれるし
予約制だけど いつでもきてくださいといってくれるし

歯は一生ものだから やっつけ仕事みたいに処置するもんじゃない
やばいと思ったら 即撤退 これが鉄則  

病院では人が感じないような微量な電磁波や電気をすごく痛く感じてしまう体質みたいでどの病院にいっても
驚かれます 舌の先までしびれることがあるんですよ

一度 同じ体質の看護師さんがいて あー一緒ですね もしかして地震くるのわかったりします?
って聞いたら イエス だった 。。 なまずだ なまず いや 猫か?
なんか体毛が濃いとか うーん 電磁波をキャッチしやすい成分が体内に多いとか どうでもいいけど

秋に旅行にいきたいから それまでに 直したいです

みなさん 歯だけはくれぐれも ご注意を 痛くなる前 うずいた時点で 信頼できる病院へ
どっかの病院みたいに 雑菌が繁殖していて 院内で病気になったら 損しまくりです

2009.9.14 001.JPG
一年たったんだね 彼岸花だっけ 一輪 さいていました
赤いぜ! 美しく 燃えるような 赤だぜ!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

虫歯なり 激しい痛みで 目が覚める 老いゆく母を看取る覚悟を

やっかいなことに一ヶ月前くらいから右耳の奥がじんじんいたくて 様子をみようとしている間に奥歯が痛くなった

しぶしぶ病院にいったのだけど 虫歯ではなくて はぐきが弱っているからと また様子みることに
それでも痛いから行ったのに また 違うと言われた
つぃいに耐えれない痛みになり 病院にいったのだけど荒い治療で心臓がバクバクと鼓動が苦しい
身の危険というか 自分の命にとってよくないことが起きるときは必ず この バクバクがでてきます
大きな事故にあうかもしれないという 直前にくる 予感 バクバク

 病院を変えたほうがいいと思い
新しい病院で 治療してもらっています  神経を殺すお薬をつめてもらっていて
何度も先生や看護師さん また受け付けの おねーさんが 痛くなった電話してくださいって
おっしゃる意味がわかった
虫歯より いたいじゃんけぇーーー
昨晩は 一時間おきに 痛みに起こされ しまいには 夜中四時まっくらなキッチンでうなだれて
身動きがとれなくなってしまった すきっぱらだけど 痛み止めのんで 現実逃避の夢をみた

あれだけ 連呼された意味がうっすらわかった 相当痛い治療ですからぁーってことでしょうか

今晩の痛みが恐いですが 明日の朝も痛ければ 病院に電話して行こうと思います

生まれてきた以上 老いていき 病気になり 死んでゆく その苦しみから 目をそらしていたなと思い知らされた
きちんと両親を看取らなければ 医療は医療のプロにまかせて でも心でしっかりと支えていこうと思った
順番は だれも わからないけれど
あと 食事も もう一度 点検して お野菜もっと たべなくっちゃ
油断するとすぐに 菓子パンばっかり 食べている

このクッキー めちゃくちゃ好きな 一品です 円高の影響か 4割引くらいの値段で売っていた
食感 味 たまりません
2009.9.10 001.JPG2009.9.10 002.JPG2009.9.10 003.JPG2009.9.10 004.JPG





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。