So-net無料ブログ作成

雨の日に 蜂の傘も 探してる [手造り]

あじさいが かれたようにみえる 枝から 一気に 新芽をだしてきました
一ヶ月前のものから 一月たったものomoide 391.JPG鶏肉献立 005.JPG
もっぱら大阪に住んでから 近所のスーパーで売っている鶏肉がやけに高くて
ももが二枚で五百円くらい グラム 168円くらいかな 天満の市場で二キロの鶏肉パックを購入するようになった 二キロで ガソリンの価格の非常に影響されますが パックで買うより 半額で買えます
で 鳥なべにしたり 焼いて食べたり 炭にしてみたり 親子ドンと 今日のお昼は 醤油とみりんとお砂糖で
ビニール袋につけこんで もんで 一晩ねかせて 焼いてみました しめじと焼いて とっても美味しかった鶏肉献立 001.JPG鶏肉献立 011.JPG
じじ 庭を耕し 野菜ガーデンをはじめました くわを持つ姿の 似合うこと 
鶏肉献立 004.JPG鶏肉献立 002.JPG鶏肉献立 006.JPG鶏肉献立 003.JPG

プランターに植えている花を 増えすぎないように これからは きって食卓でも観賞することにしました
育てている本人が楽しまないと 意味がないと 気づいたりして、、 色とりどりって 脳にいい 刺激です
鶏肉献立 009.JPG鶏肉献立 010.JPG
今日の豪雨が心配な わたしの 蜂の ぶんちゃん です 必死にしがみついています

nice!(0)  コメント(0) 

蜂の巣に 世界平和の 祈りこめ 

006.JPG004.JPG009.JPG011.JPG
桜の名残りある写真をのっけておきます
母と桜ノ宮にいったときにとったもの
プリンとチーズパンを買って とっておきの人の少ない 桜広場で腰をおろす

4月16日桜ノ宮造幣局 005.JPG4月16日桜ノ宮造幣局 012.JPG4月16日桜ノ宮造幣局 020.JPG4月16日桜ノ宮造幣局 017.JPG
造幣局にもいってきました
珍しい 黄色の桜もあったりで でも毎度すごい人だった

今 世界中でミツバチが大量のなぞの死をとげていたり
巣にもどってこない現象がでてきているそうです
遺伝子レベルで 人の手で 植物を改良した つけがまわってきているのでしょうか
携帯の電磁波 農薬で神経がやられたとか 菌に強い植物にしたため 免疫力がおちていったとか
いろいろ説がでてきていますが どれもまだ わからないそうです
 
我が家の窓をあけると つい最近 四センチほどの 蜂の巣をみつけました
それを母に落としてもらいました 次の日 そっとみていると 落としきれなかった 一センチほどの
軸に 悲しそうに なきながら 蜂が 絡み付いて えんえんと ないていました
あー かわいそうなことしたな と 素直に 思いました 本当に 悲しみいっぱいにしがみついているのです

次の日みてみると 泣きやんで 決意したのか お尻をフリフリとふりだしました
今日みてみると 二センチほどの 八角形のお部屋をたくさんつくっていました
すごい スピードだ 素直にそう 思いました
なんか かわいそうになったから できあがるまで みておくことにしました

素朴な疑問ですが 虫にも 悲しいとか うれしいとか 楽しいとか 人間に近い
感情をもっているのだろうか、 いや 人間以上にもっているかもしれない
だから お金やものを持たなくても 生きていけるような 幸せな 一生を定められているかも
しれない

nice!(0)  コメント(0) 

夜桜に 心飲まれて 明日もくる [釣り 温泉 旅 散歩]

夫と二人で桜ノ宮に夜桜にいきました
008.JPG009.JPG011.JPG023.JPG
いい感じで 暗くて カップルばっかりで
川のゆらぎと 桜の匂いで どこか違う国にきたみたいです
でも やっぱり 暗いぜと 思い
次の日も 仕事帰りの夫を誘い 桜ノ宮に 行きました
 夫にはイカふらい とおにぎり
028.JPG042.JPGわたしは なんと 新発売のUFOをとりだしたものだから
夫 まじでびっくり アホか アホやろ アホやとは思っていたけど
なにか??
と あしらう 私 桜のしたで たべる UFOの味ったら おいしいにきまってますわ

絵に描いたような 話しですが
ふたりでおいしく いただいてたら
桜が舞っておりてくるのです
きれい きれい ん わたしたち夫婦の桜だけだ なんで?
と 上をみてみると なんと メジロが八匹 一生懸命 桜の花びらをちぎって おとしてくれていました
んん なんて かわいいの!! かわいこちゃん 発見
040.JPG037.JPG041.JPG024.JPG
nice!(2)  コメント(3) 

亀だって 桜見たさに 花見です

2009年4月7日 030.JPG2009年4月7日 023.JPG2009年4月7日 024.JPG2009年4月7日 022.JPG
大阪城に母といってきました 今までで一番の満開でした
朝でて夜まで みっちり 自転車で旅です
あまりの美しさに 疲れませんでした
2009年4月7日 011.JPG2009年4月7日 006.JPG2009年4月7日 013.JPG2009年4月7日 016.JPG
お弁当は りんご二個です あらためて 春というか 桜の似合う大阪城はすばらしい場所だと思いました
2009年4月7日 017.JPG2009年4月7日 019.JPG2009年4月7日 020.JPG2009年4月7日 021.JPG

最後の写真は桜ノ宮にいた くぼみで お昼ねする 亀たちです
 2009年4月7日 041.JPG2009年4月7日 036.JPG2009年4月7日 039.JPG2009年4月7日 038.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

桜咲く 母の笑顔に 涙咲く [手造り]

春 021.JPG春 023.JPG春 016.JPG春 020.JPG
今日びっくりした出来事があった
もちろんご存知 すばらしい天気なので 大阪城か茨木に桜をみにいこうということになった
母の一言で茨木の桜ロードにいくことになった
すると近くに 父のお友達がいるからといって会いにいった
ご主人様が不在だったために 奥様にご挨拶して 車を走らせる
母が一言 先程の奥さん どこかで 見たことがある あ!ちょっととめて!!
といって 車をおりて 飛び出して 戻っていった
車の中で 父とため息つきつつ 最近 お母さん ちょっとぼけてきている から心配やなぁー
という 私も迷わず参戦して びっくりするような思い込みするねん この服 あの人も着ていたとか
さっきのひと 東京でも あったことがあるとか でも 半分あたってるねん だから あなどられへんでって
んで車をユーターンして 先程の家にもどった
すると なんと 40年ぶりの再会で 母は泣いていた 母が結婚するまでの数年かんご近所で
母を厳しく守り 支え 指導してくれていた 先輩だったのだ そう 父の友人の奥さんだったのだ
こんな 出会いってあるんだね

子供のいない わたしを 遠い目をしながら 子供が親の足をひっぱる場合もあるから
いないほうがいい場合もあるし いたほうがいい場合もあるし すべてに意味があるんですよって
いっていました どうせね 死ぬときは一人なんだよっとも いいました
そう 人はみな 病に伏せたとき死ぬまでの間 家族を欲する わたしの痛みに涙して祈ってくれるだれかを
血のつながった だれかを求める
その瞬間は永遠ではないのに 恐怖の闇に光を求める

家族という団欒に幸せを感じるひともいれば
孤独という世界に幸せの光を感じるひともいる

でもでもでも 家族という形のなかで わたしは人生と人間の喜怒哀楽を学ぶ
孤独はいやだな でもなぜ わたしは すぐに孤独の殻に 閉じこもるんだろう
春 015.JPG春 011.JPG春 009.JPG春 010.JPG
東京でみた桜は まるで ブリーチの雨で色を落としたように 昼間見上げる真っ白な空のように
白く光り輝いていた 夏に田舎でなく せみのほうが 生命力があり うるさくうなるように感じたような。。
でも 母は白い 桜があるから ピンクの桜が光るのよっていう
春 008.JPG春 013.JPG春 007.JPG春 014.JPG

春 003.JPG春 004.JPG
じじ またなにか つくりだしました
近所のコーナン こんなに釘があるんですよ みるだけで わくわくしちゃう
春 005.JPG
穴のあいた くつした 靴下をひとつ きって そこを当ててみた
これで 来年も あったかです
nice!(1)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。