So-net無料ブログ作成

変えられない 過去も写真も 星になれ [釣り 温泉 旅 散歩]

最終章になってきました

別府に到着して地獄めぐりまでやってきました
主人ははじめてということで 海地獄だけ時間の関係で中に入場料を払いはいり
わたしたちは いっせいにお土産を求めて スーパーへゴー
結局 普通のスーパーだけで道の駅がなかったので 父と母はお寿司をかってお昼ご飯にしました

わたしと主人は はじめての ランチタイム
安そうな定食屋さんにはいって だご汁定食を二つ注文
DVC00201.JPG
これで750円くらいだったかな かぼすを絞って飲んでとついていて
しぼっていただくと とってもさわやかな酸味がやさしくとけてとても美味しくいただけました
お料理をつくってくれている 無口で不器用そうなご主人がお勘定のとき ご馳走様って声をかけると
なんともいえない やさしい笑顔を一瞬 くしゅって してくれて それがいちばん嬉しかった
よくよく考えると久しぶりの 食事だった 嬉しいような 悲しいようなで

そして 大阪へむかう港のある門司港へレッツゴーするのであります

高速をおりて 地道をはしっていると 大好きな道の駅があり おりてみると
コスモスが一面にひろがっていて 家族で感動 
1.jpg

くじゅうまでいったけど
ここのコスモスも とても見事で 最後の最後まで お花に出逢えて 感謝です

旅をふりかえってみると 未知との遭遇ばかりで 本当にいい旅でした
2009.10.九州 032.JPGDVC00198.JPG
湯布院の駅と 素敵な色した黄色い電車がとまる湯布院の駅

2009.10.九州 036.JPG2009.10.九州 035.JPG
ゆずジャムが売ってある 亀の井別荘と そこのお店にとまっていて偶然の出会い 白鷺?

P1000188.JPG
一面のお花畑 一生に一度はみてみたかったので とてもよかったです

最後の最後に じじぃ運転手 ご苦労様です
責任がなくなって 気が緩んだのか フェリーでは
大好きなお酒を プレゼントしたら 完全に酔っ払いになっていました

どの写真も笑顔 笑顔でうつっている 旅のページをめくっていると
旅の一寸先はまったく わからなくて未知なのに
過去の写真は 一切変えることができずに ただ たたずんでいる
今 という この一秒を 生きる わたしは そのありがたみに少し気がつきました
時間を大事にしなければ いけないのに
時をつかむことができずに あせりばかりが募りますが
コスモスが笑って教えてくれたように 
船の上で見上げた 大きな星たちが わたしが気づく前からずっと昔から
見つめてくれていたように
森羅万象は生きる喜びを謳歌していました

高速道路が千円になったおかげで
名門大洋フェリーが往復大人四名と車一台で38000円という 格安価格で旅プランを作ってくれたおかげで
九州にいけることが できたので本当に ありがたいです
来年のこの価格で続くといいなぁーと思いますが フェリー会社自体がなくなったら
大変ですもんね 生き残りをかける 市場の不景気の嵐は まだ鳴り止みません
DSCN2633.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。